Komatsuzaki Group

Presentations (domestic)

3 / 1012345...10...最後 »
2017.01.06
J.N. Taylor, C.-B. Li, K. Fujita, T. Komatsuzaki: “Data-Driven Analysis of Raman Microscopic Images”, 電子科学研究所 研究交流会, 北海道大学電子科学研究所, 北海道札幌市 (ポスター)
2016.12.15
小松崎 民樹: “分子から細胞の個性に関するデータ駆動型数理科学”, 第1117回生物科学セミナー, 東京大学理学部, 東京都文京区 (招待, 口頭)
2016.12.01
小松崎 民樹: “マイノリティ細胞を彫りだすデータ科学”, 第39回日本分子生物学会年会, パシフィコ横浜, 神奈川県横浜市 (招待, 口頭)
2016.11.26
Nag Preetom, Khalifa Helal, Teramoto Hiroshi, Yamaguchi Naoya, Li Chun-Biu, Haga Hisashi, Komatsuzaki Tamiki: “Spatial heterogeneous and transient dynamics during collective cell migration in a monolayer of MDCK epithelial cells”, 第54回日本生物物理学会年会, つくば国際会議場, 茨城県つくば市 (ポスター)
2016.11.25
小松崎 民樹: “1細胞ラマン分光イメージングから如何にして細胞の個性を定量化するか?”, 第54回日本生物物理学会年会, つくば国際会議場, 茨城県つくば市 (招待, 口頭)
2016.11.21
小松崎 民樹: “一細胞ラマン計測とスパース学習、バンディット手法などの情報科学の融合による細胞診断の迅速解析”, 基盤(S)離散構造処理系プロジェクト「2016年度 秋のワークショップ」, ガトーキングダム・サッポロ, 北海道札幌市 (口頭)
2016.11.11
小松崎 民樹: “一細胞ラマン計測と情報科学の融合による細胞診断の迅速解析技術の開発”, CREST・さきがけ複合領域 「計測技術と高度情報処理の融合によるインテリジェント計測・解析手法の開発と応用」, キックオフ会議, TKP 市ヶ谷カンファレンスセンター, 東京都新宿区 (招待, 口頭)
2016.10.12
小松崎 民樹: “少数系から複雑反応ネットワークを含む遷移状態概念の深化と制御”, 特設分野研究「遷移状態制御」研究代表者交流会, 日本学術振興会, 東京都千代田区 (招待, 口頭)
2016.10.08
Nag Preetom: “Spatio-temporal heterogeneity during collectivemigration in a confluent monolayer of MDCK epithelial cells”, 「理論と実験」研究会2016, 広島大学東広島キャンパス 広島県東広島市 (口頭)
2016.10.07
J. Nicholas Taylor: “Data-Driven Approaches to Raman Microscopic Image Analysis”, 「理論と実験」研究会2016, 広島大学東広島キャンパス 広島県東広島市 (口頭)
3 / 1012345...10...最後 »