Komatsuzaki Group

Presentations (domestic)

2016.10.07
田宮 裕治: “回転自由度の非平衡性が分子モーターF1-ATPaseの反応動力学に及ぼす影響について”, 「理論と実験」研究会2016, 広島大学東広島キャンパス 広島県東広島市 (ポスター)
2016.03.18
小松崎 民樹: “Molecular Data Science Perspectives for Individuality Covering from Molecules to Cells”, 統合生命医科学研究センター疾患生物学セミナー, 理化学研究所横浜キャンパス 神奈川県横浜市 (招待, 口頭)
2016.03.15
Chun-Biu Li : “The key and unlock mechanisms in F1-ATPase unveiled by single molecule time series analysis”, 新学術領域「少数性生物学」 研究成果報告会, 東京大学 伊藤謝恩ホール 東京都文京区 (ポスター)
2016.03.15
小松崎 民樹: “少数性生物学の新展開:分子個性から細胞個性へ”, 新学術領域「少数性生物学」 研究成果報告会, 東京大学 伊藤謝恩ホール 東京都文京区 (口頭)
2016.03.06
寺本 央: “Classification of Hamiltonians in neighborhoods of electron energy level crossings in terms of the theory of singularities”, 理論分子科学・分子非線形科学のこれまでとこれから, 東京大学駒場リサーチキャンパス 東京都目黒区 (口頭)
2016.03.03
寺本 央: “Classification of Electron Energy Level Crossings in terms of the Theory of Singularities and Analysis of Non-Adiabatic Transitions around the Crossings”, 偏微分方程式姫路研究会, イーグレ姫路 兵庫県姫路市 (招待, 口頭)
2016.02.14
小松崎 民樹: “生物個性学:分子から細胞へ”, 少数性生物学研究会2016~少数性生物学の未来を語る~, 定山渓万世閣ホテルミリオーネ 北海道札幌市 (口頭)
2015.12.11
寺本 央: “特異点論によるバンド間交差の分類”, 第1回「トポロジーが紡ぐ物質科学のフロンティア」領域研究会, 京都大学芝蘭会館 京都府京都市 (ポスター)
2015.11.08
永幡 裕, 前田 理, 寺本 央, Chun-Biu Li, 武次 徹也, 小松崎 民樹: “マルコフ連鎖の時間階層的クラスタリング”, ERATO湊離散構造処理系プロジェクト 「2015年度 秋のワークショップ」, 丸駒温泉 北海道千歳市 (口頭)
2015.10.31
寺本央: “特異点論を用いた非断熱交差の安定性と分岐の解析”, 統計数理研究所 数学協働プログラム ワークショップ (社会創造数学研究センターとの共同開催)、大自由度分子系における化学反応機序の理解と制御, 北海道大学理学部3号館, 北海道札幌市(口頭)