Komatsuzaki Group

Presentations (domestic)

2015.11.08
永幡 裕, 前田 理, 寺本 央, Chun-Biu Li, 武次 徹也, 小松崎 民樹: “マルコフ連鎖の時間階層的クラスタリング”, ERATO湊離散構造処理系プロジェクト 「2015年度 秋のワークショップ」, 丸駒温泉 北海道千歳市 (口頭)
2015.10.31
寺本央: “特異点論を用いた非断熱交差の安定性と分岐の解析”, 統計数理研究所 数学協働プログラム ワークショップ (社会創造数学研究センターとの共同開催)、大自由度分子系における化学反応機序の理解と制御, 北海道大学理学部3号館, 北海道札幌市(口頭)
2015.09.14
Yutaka Nagahata, Satoshi Maeda, Hiroshi Teramoto, Chun-Biu Li, Takashi Horiyama, Tetsuya Taketsugu, Tamiki Komatsuzaki: “複雑反応ネットワークに埋め込まれた時間階層構造の解読”, 第53回日本生物物理学会, 金沢大学角間キャンパス自然科学本館, 石川県金沢市(ポスター)
2015.09.13
Satoru Tsugawa, Chun-Biu Li, Tamiki Komatsuzaki: “植物の中の局所微小管と細胞成長の関係について”, 第53回日本生物物理学会, 金沢大学角間キャンパス自然科学本館, 石川県金沢市 (ポスター)
2015.09.13
Yuji Tamiya, Chun-Biu Li, Rikiya Watanabe, Hiroyuki Noji, Tamiki Komatsuzaki: “非平衡効果が引き起こすF1分子モーターの非アレニウス型温度依存性”, 第53回日本生物物理学会, 金沢大学角間キャンパス自然科学本館, 石川県金沢市(ポスター)
2015.09.13
Chun-Biu Li, Tamiki Komatsuzaki : “Single Molecule Time Series Analysis of F1-ATPase to Unravel the Role of Bound-ATP Hydrolysis”, 第53回日本生物物理学会年会, 金沢大学角間キャンパス自然科学会館, 石川県金沢市 (口頭)
2015.07.02
寺本 央;”グラフラプラシアンによる異なる反応プロセスの同定”、RIMS 研究集会『力学系とその諸分野への応用』京都大学数理解析研究所 京都府京都市 (招待・口頭)
2015.06.30
柳沼 秀幸, 河合 信之輔, 田端 和仁, 冨山 佳祐, 垣塚 彰, 小松崎 民樹, 岡田 康志, 野地 博行, 今村 博臣 : “一細胞計測で見えてきたバクテリア細胞内ATP濃度の多様性”, 第67回日本細胞生物学会大会, タワーホール船堀, 東京都江東区(口頭)
2015.04.25
津川 暁 : “蛍光画像から微小管配向構造の抽出”, 早稲田大学相澤研究室研究会, 早稲田大学西早稲田キャンパス, 東京都新宿区 (招待, 口頭)
2015.04.21
小松崎 民樹, 戸田 幹人, 寺本 央, 河野 裕彦, 高橋 正彦 : “A Global Dynamical Switching of a Reaction Coordinate and its Experimental Observability”, 平成26年度アライアンス成果報告会, 九州大学、伊都キャンパス, 福岡県福岡市 (ポスター)