Komatsuzaki Group

寺本 央

hteramoto 准教授
  1. 北海道大学 電子科学研究所 附属社会創造数学研究センター データ数理研究分野 准教授
E-mail:
teramoto(at)es.hokudai.ac.jp
TEL
(011)706-9435
FAX
(011)706-9435
居室
電子科学研究所 5階 103-2

研究の興味

近年の実験技術の進歩には目を見張るものがあり、かなり大きな分子に対しても分子集団の振動および回転の量子状態をそろえたり、また、ある特定の振動モードだけを選択的に励起させたり、という操作が可能になってきました。これらの実験が目標とすることの一つに、平衡構造にある分子のある特定の振動モードを励起することによってねらった構造転移反応ないしは解離反応を引き起こすこと、というものがあります。このようなことが可能になれば、たとえば、われわれ生物の基本的な構成単位であるタンパク質の構造をレーザーによって制御したりすることが可能になるので、医療技術から製薬技術までいろいろな分野に貢献できるものと考えています。しかし、対象となる分子が複雑になるにつれ、その分子のどの振動モードを励起すればねらった構造転移反応を引き起こすことができるのか、ということを解明するのはだんだんと難しくなってしまいます。そこで、われわれは力学系の立場から、ねらった構造転移反応を引き起こすには分子のどの振動モードを励起すればよいのか?という問いに答えることを目標としています。この問いに答えるためには、対象とする分子が構造を変えようとする運動が、分子の平衡構造周りのさまざまな振動運動とどのように相関しているのかを解明することが必要です。そのような二つの運動同士の相関は、相空間の中にある不変構造によって仲介されているということを希ガス粒子からなる系において見いだすことができました。今後はタンパク質のようなたくさんの自由度を持ち、しかも、複雑なエネルギー地形を持つような系に対しても取り組んでいきたいと考えています。

最近の代表的な論文・書籍

2017

[26]Hiroshi Teramoto, Kenji Kondo, Shyuichi Izumiya, Mikito Toda, Tamiki Komatsuzaki
Classification of Hamiltonians in neighborhoods of band crossings in terms of the theory of singularities
Journal of Mathematical Physics 58, pp.073502-1-073502-39 (2017)
DOI: 10.1063/1.4991662

2016

[25]Laurent Wiesenfeld, Wing-Fai Thi, Paola Caselli, Alexandre Faure, Luca Bizzocchi, João Brandão, Denis Duflot, Eric Herbst, Stephen J. Klippenstein, Tamiki Komatsuzaki, Cristina Puzzarini, Octavio oncero, Hiroshi Teramoto, Mikito Toda, Ad van der Avoird, Holger Waalkens
Theory of Gas Phase Scattering and Reactivity for Astrochemistry
Report from the Workshop on Theory of Gas Phase Scattering and Reactivity for Astrochemistry Nov 23 – Dec 4, 2015 , (2016)

2015

[24]Hiroshi Teramoto, Mikito Toda, Tamiki Komatsuzaki
Understandings of chemical reaction dynamics in terms of dynamical systems theory
AIP Conference Proceedings 1702(90042), (2015)
DOI: 10.1063/1.4938850

[23]Yutaka Nagahata, Satoshi Maeda, Hiroshi Teramoto, Takashi Horiyama, Tetsuya Taketsugu, Tamiki Komatsuzaki
Deciphering Time Scale Hierarchy in Reaction Networks
The Journal of Physical Chemistry B 120(8), pp.1961-1971 (2015)
DOI: 10.1021/acs.jpcb.5b09941

[22]Hiroshi Teramoto, Mikito Toda, Masahiko Takahashi, Hirohiko Kono, Tamiki Komatsuzaki
Mechanism and Experimental Observability of Global Switching Between Reactive and Nonreactive Coordinates at High Total Energies
PHYSICAL REVIEW LETTERS 115(093003), (2015)
DOI: 10.1103/PhysRevLett.115.093003

[21]Hiroshi Teramoto, Mikito Toda, Tamiki Komatsuzaki
Breakdown Mechanism of Normally Hyperbolic Invariant Manifold in terms of unstable periodic orbits and homoclinic/heteroclinic orbits in Hamiltonian Systems
Nonlinearity 28, pp.2677-2698 (2015)
DOI: 10.1088/0951-7715/28/8/2677

[20]Hiroshi Teramoto, Mikito Toda, Tamiki Komatsuzaki
A coarse graining method to extract cooperative modes of water molecules
ASTE; Advances in Science, Technology and Environmentology, Special issue on New Challenges in Complex Systems Science B11, pp.7-12 (2015)

2014

[19]Hiroshi Teramoto, Mikito Toda, Tamiki Komatsuzaki
A New Method to Improve Validity Range of Lie Canonical Perturbation Theory: With a Central Focus on a Concept of Non Blow-Up Region
Theoretical Chemistry Accounts 133, pp.1571, (2014)
DOI: 10.1007/s00214-014-1571-9

[18]Preetom Nag, Hiroshi Teramoto, Chun-Biu Li, Joseph Z. Terdik, Norbert F. Scherer, Tamiki Komatsuzaki
Local-heterogeneous responses and transient dynamics of cage breaking
The Journal of Chemical Physics 141, pp.104907-1-104907-12 (2014)
DOI: 10.1063/1.4894866

2013

[17]Tahmina Sultana, Hiroaki Takagi, Miki Morimatsu, Hiroshi Teramoto, Chun-Biu Li, Yasushi Sako, Tamiki Komatsuzaki
Non-Markovian properties and multiscale Hidden Markovian Network Buried in Single Molecule Time Series
The Journal of Chemical Physics 139, pp.245101-245101-12 (2013)
DOI: 10.1063/1.4848719
This paper was chosen as one of the most-accessed articles in Biological Molecules and Networks from The Journal of Chemical Physics.

[16]Yutaka Nagahata, Hiroshi Teramoto, Chun-Biu Li, Shinnosuke Kawai, Tamiki Komatsuzaki
Reactivity boundaries for chemical reactions associated with higher index and multiple saddles
Physical Review E 88(4), pp.42923-42923-11 (2013)
DOI: 10.1103/PhysRevE.88.042923
(Figure 6d from this paper was selected to be displayed on PRE journal web site as part of "Kaleidoscope")

[15]Hiroshi Teramoto, George Haller, Tamiki Komatsuzaki
Detecting invariant manifolds as stationary Lagrangian coherent structures in autonomous dynamical systems
Chaos 23, pp.043107 -43107-12 (2013)
DOI: 10.1063/1.4824314

[14]Yutaka Nagahata, Hiroshi Teramoto, Chun-Biu Li, Shinnosuke Kawai, Tamiki Komatsuzaki
Reactivity Boundaries to Separate the Fate of a Chemical Reaction Associated with an Index-two saddle
Physical Review E 87(6), pp.62817 , (2013)
DOI: 10.1103/PhysRevE.87.062817

2011

[13] 寺本 央, 戸田幹人, 小松崎 民樹
高次元力学系における輸送現象の理解の広がり:法双曲不変多様体、安定多様体、不安定多様体とその崩壊
物性研究 97, pp.547-559 (2011)

[12]Naoki Miyagawa, Hiroshi Teramoto, Chun-Biu Li, Tamiki Komatsuzaki
Decomposability of Multivariate Interactions
Complex Systems 20, pp.165-179 (2011)

[11]Naoki Miyagawa, Hiroshi Teramoto, Chun-Biu Li, Tamiki Komatsuzaki
Spatial Heterogeneity of Multivariate Dependence
AIP Conference Proceedings ''International Conference of Numerical Analysis and Applied Mathematics 2011'' 1389, pp.991-991 (2011)

[10]Hiroshi Teramoto, Mikito Toda, Tamiki Komatsuzaki
A Dynamical Switching of a Reaction Coordinate to Carry the System Through to a Different Product State at High Energies
Physical Review Letters 106, pp.054101, (2011)

[9]Shinnosuke Kawai, Hiroshi Teramoto, Chun-Biu Li, Tamiki Komatsuzaki, Mikito Toda
Dynamical Reaction Theory based on Geometric Structures of Phase Space
Advances in Chemical Physics 145, pp.123-170 (2011)

2010

[8]Hiroshi Teramoto, Tamiki Komatsuzaki
How does a choice of Markov partition affect the resultant symbolic dynamics?
Chaos 20, pp.037113, (2010)
URL Focus Issue on "Intrinsic and Designed Computation: Information processing in dynamical Systems" selected as Top 20 Most Read Articles 2010

[7] 寺本 央, 小松崎 民樹
多自由度Hamilton系における安定/不安定多様体の可能な折り畳みパターンとそれらの力学系の性質との関係
(数理解析研究所講究録)、京都大学数理解析研究所 1688, pp.26-38 (2010)

2008

[6]Hiroshi Teramoto, Tamiki Komatsuzaki
Exploring Remnant of Invariants Buried in a Deep Potential Well in Chemical Reactions
Journal of Chemical Physics 129, pp.094302, (2008)

[5]Hiroshi Teramoto, Tamiki Komatsuzaki
Probing Remnants of Invariants to Mediate Energy Exchange in Highly-Chaotic Many-dimensional Systems
Physical Review E 78, pp.017202, (2008)

2007

[4]Hiroshi Teramoto, Kazuo Takatsuka
Local integrals and their globally connected invariant structure in phase space giving rise to a promoting mode of chemical reaction
J. Chem. Phys 126, pp.124110, (2007)

2006

[3]Hiroshi Teramoto, Kazuo Takatsuka
A semiclassical theory for nonseparable rovibrational motions in curved space and its application to energy quantization of nonrigid molecules
J. Chem. Phys 125, pp.194301, (2006)

2005

[2]Hiroshi Teramoto, Shin-ichi Sasa
Microscopic description of the equality between violation of fluctuation-dissipation and energy dissipation
Phys. Rev. E 72, pp.060102, (2005)

2004

[1]Hiroshi Teramoto, Kazuo Takatsuka
Dynamical and statistical effects of the intrinsic curvature of internal space of molecules
J. Chem. Phys 122, pp.074101, (2004)

国内発表

2017

[140]寺本 央, 泉屋 周一, 小松﨑 民樹
断熱エネルギー面交差近傍でのハミルトニアンの特異点論による分類 日本物理学会2017年秋季大会
(9.21-9.24 ,2017), 岩手大学 上田キャンパス 岩手県盛岡市 (ポスター) ( 発表日: 2017.9. 24)

[139]寺本 央
特異点論による固有値交差近傍でのハミルトニアンの分類 RIMS共同研究 力学系 ー 理論と応用の連携探索
(6.5-6.9 ,2017), 京都大学数学教室 京都府京都市 (口頭) ( 発表日: 2017.6. 6)

[138]寺本 央
特異点論によるバンド交差近傍でのハミルトニアンの分類 微分幾何学と特異点論の応用
(6.1-6.3 ,2017), 岩手医科大学創立60周年記念館 岩手県盛岡市 (口頭) ( 発表日: 2017.6. 1)

2016

[137]Nag Preetom, Khalifa Helal, Teramoto Hiroshi, Yamaguchi Naoya, Li Chun-Biu, Haga Hisashi, Komatsuzaki Tamiki
Spatial heterogeneous and transient dynamics during collective cell migration in a monolayer of MDCK epithelial cells 第54回日本生物物理学会年会
(11.25-11.27 ,2016), つくば国際会議場 茨城県つくば市 (ポスター) ( 発表日: 2016.11. 26)

[136]永幡 裕, 前田 理, 寺本 央, 武次 徹也, 小松崎 民樹
時間解像度に依存した反応ネットワークの階層的変化とその予測手法の開発 分子科学討論会2016
(9.13-9.15 ,2016), 神戸ファッションマート 兵庫県神戸市 (ポスター) ( 発表日: 2016.9. 14)

[135] 小松崎 民樹, 寺本 央, 戸田 幹人, 河野 裕彦, 高橋 正彦
化学反応の行き先を変えるスイッチ―エネルギーの上昇で反応経路が切り替わる新奇現象 附置研究所間アライアンスによるナノとマクロをつなぐ物質・デバイス・システム創製戦略プロジェクト 平成27年度成果報告会
(5.17 ,2016), 大阪大学銀杏会館 大阪府吹田市 (ポスター) ( 発表日: 2016.5. 17)

[134]寺本 央
Classification of Hamiltonians in neighborhoods of band crossings in terms of the theory of singularities 幾何学コロキウム
(5.13 ,2016), 北海道大学理学部4号館 北海道札幌市 (口頭) ( 発表日: 2016.5. 13)

[133]寺本 央
反応座標スイッチング機構の背景の概説、意義と今後の展望 高橋研オープンセミナー
(5.10 ,2016), 東北大学多元物質科学研究所 宮城県仙台市 (招待, 口頭) ( 発表日: 2016.5. 10)

[132]寺本 央, 戸田 幹人, 小松崎 民樹
Classification of Electron Energy Level Crossings in terms of the Theory of Singularities and Analysis of Non-Adiabatic Transitions around the Crossings 第89回現象数理セミナー
(4.6 ,2016), 九州大学伊都キャンパス 福岡県福岡市 (口頭) ( 発表日: 2016.4. 6)

[131]寺本央
Classification of Hamiltonians in neighborhoods of electron energy level crossings in terms of the theory of singularities 理論分子科学・分子非線形科学のこれまでとこれから
(3.5-3.6 ,2016), 東京大学駒場リサーチキャンパス 東京都目黒区 (口頭) ( 発表日: 2016.3. 6)

[130]寺本央, 戸田幹人, 小松崎民樹
Classification of Electron Energy Level Crossings in terms of the Theory of Singularities and Analysis of Non-Adiabatic Transitions around the Crossings 偏微分方程式姫路研究会
(3.2-3.4 ,2016), イーグレ姫路 兵庫県姫路市 (招待, 口頭) ( 発表日: 2016.3. 3)

2015

[129]寺本 央, 戸田 幹人, 近藤 憲治, 小松崎 民樹
特異点論によるバンド間交差の分類 第1回「トポロジーが紡ぐ物質科学のフロンティア」領域研究会
(12.11-12.13 ,2015), 京都大学芝蘭会館 京都府京都市 (ポスター) ( 発表日: 2015.12. 11)

[128]永幡 裕, 前田 理, 寺本 央, Chun-Biu Li, 武次 徹也, 小松崎 民樹
マルコフ連鎖の時間階層的クラスタリング ERATO湊離散構造処理系プロジェクト 「2015年度 秋のワークショップ」
(11.8-11.10 ,2015), 丸駒温泉 北海道千歳市 (口頭) ( 発表日: 2015.11. 8)

[127]寺本央
特異点論を用いた非断熱交差の安定性と分岐の解析 統計数理研究所 数学協働プログラム ワークショップ (社会創造数学研究センターとの共同開催)、大自由度分子系における化学反応機序の理解と制御
(10.31-11.1 ,2015), 北海道大学理学部3号館 北海道札幌市 (招待, 口頭) ( 発表日: 2015.10. 31)

[126]Hiroshi Teramoto, Alireza Hadjighasem, Daniel Karrasch, George Haller, Tamiki Komatsuzaki
Identifying Different Reaction Processes in terms of Graph Laplacian ランダム力学系理論とその応用 (2015)
(9.30 ,2015), 京都大学数理解析研究所 111号室 京都 (招待講演) ( 発表日: 2015.9. 30)

[125]永幡 裕, 前田 理, 寺本 央, Chun-Biu Li, 堀山 貴史, 武次 徹也, 小松崎 民樹
複雑分子系の異性化反応ネットワークに埋め込まれた時間階層構造の解読 第9回分子化学討論会
(9.16-9.19 ,2015), 東京工業大学 大岡山キャンパス 東京都目黒区 (ポスター) ( 発表日: 2015.9. 16)

[124]寺本 央, 戸田 幹人, 小松崎 民樹
特異点論を用いた非断熱交差の安定性と分岐の解析 第70回日本物理学会
(9.16-9.19 ,2015), 関西大学千里山キャンパス 大阪府吹田市 (ポスター) ( 発表日: 2015.9. 16)

[123]Yutaka Nagahata, Satoshi Maeda, Hiroshi Teramoto, Chun-Biu Li, Takashi Horiyama, Tetsuya Taketsugu, Tamiki Komatsuzaki
複雑反応ネットワークに埋め込まれた時間階層構造の解読 第53回日本生物物理学会
(9.13-9.15 ,2015), 金沢大学角間キャンパス自然科学本館 石川県金沢市 (ポスター) ( 発表日: 2015.9. 14)

[122]永幡 裕, 前田 理, 寺本 央, Chun-Biu Li, 武次 徹也, 小松崎 民樹
複合化学反応系の分子シミュレーション-第一原理シミュレーションから分子技術へ- 化 学 反 応 経 路 探 索 の ニ ュ ー フ ロ ン ティ ア
(9.15 ,2015), 大井町駅前品川区立総合区民会館きゅりあん1F 小ホール 東京都大井町 (口頭) ( 発表日: 2015.9. 15)

[121]Hiroshi Teramoto, Mikito Toda, Tamiki Komatsuzaki
Classification and control of electron energy level crossings 北大理論化学ワークショッ プ
(9.11 ,2015), 北海道大学理学部7号館7-219室 札幌 (口頭発表) ( 発表日: 2015.9. 11)

[120]永幡 裕, 前田 理, 寺本 央, Chun-Biu Li, 堀山 貴史, 武次 徹也, 小松崎 民樹
複雑な異性化反応ネットワークに埋め込まれた時間階層構造の解読法の開発 日本化学会北海道支部 2015年 夏季研究発表会
(7.18 ,2015), 北海道教育大学函館校 北海道函館市 (口頭) ( 発表日: 2015.7. 18)

[119]寺本 央, Alireza Hadjighasem, Daniel Karrasch, George Haller, 小松崎 民樹
グラフラプラシアンによる異なる反応プロセスの同定 RIMS 研究集会『力学系とその諸分野への応用』
(6.29-7.3 ,2015), 京都大学数理解析研究所 京都府京都市 (口頭) ( 発表日: 2015.7. 2)

[118]永幡 裕, 前田 理, 寺本 央, Chun-Biu Li, 武次 徹也, 小松崎 民樹
マルコフ連鎖の時間階層的クラスタリング ERATO湊離散構造処理系プロジェクト 「2015年度 初夏のワークショップ」
(6.11-6.12 ,2015), 北海道大学情報科学研究科 ERATO 会議室 北海道札幌市 (ポスター) ( 発表日: 2015.6. 11)

[117]冨樫 祐一, 小松崎 民樹, 李 振風, 寺本 央, 新海 創也, Holger Flechsig, James Nick Taylor, 中川 正基
少数分子反応ネットワーク理論の構築 (7) 新学術領域「少数性生物学」第9回領域会議
(6.5-6.7 ,2015), 万国津梁館 沖縄県名護市 (口頭) ( 発表日: 2015.6. 6)

[116]小松崎 民樹, 戸田 幹人, 寺本 央, 河野 裕彦, 高橋 正彦
A Global Dynamical Switching of a Reaction Coordinate and its Experimental Observability 平成26年度アライアンス成果報告会
(4.21 ,2015), 九州大学、伊都キャンパス 福岡県福岡市 (ポスター) ( 発表日: 2015.4. 21)

[115]冨樫 祐一, 小松崎 民樹, 李 振風, 寺本 央, 新海 創也
少数分子反応ネットワーク理論の構築 (4) 新学術領域研究「少数性生物学」第8回領域会議
(1.29-2.1 ,2015), ルスツリゾート 虻田郡留寿都村 (口頭) ( 発表日: 2015.1. 30)

[114]寺本 央, 小松崎 民樹
Survey and study on effects of discreteness and fewness in chemical reaction dynamics 新学術領域研究「少数性生物学」第8回領域会議
(1.29-2.1 ,2015), ルスツリゾート 虻田郡留寿都村 (ポスター) ( 発表日: 2015.1. 29)

[113]永幡 裕, 寺本 央, Chun-Biu Li, 小松崎 民樹
Developing “hierarchical” spectral clustering decoded by the mathematical nature of a Markov chain: - timescale hierarchical nature of isomerization reaction network of C5H8O - 河原林/湊プロジェクト合同WS予餞会Winter2015
(1.23-1.24 ,2015), 日本科学未来館 東京都江東区 (ポスター) ( 発表日: 2015.1. 23)

[112]永幡 裕, 寺本 央, 堀山 貴史, Chun-Biu Li, 小松崎 民樹
Markov連鎖の持つ時間階層構造について:複雑分子系の異性化反応ネットワークを例に 非平衡ダイナミクスセミナー
(1.15 ,2015), 奈良女子大学 奈良県奈良市 (招待, 口頭) ( 発表日: 2015.1. 15)

[111]寺本 央, 戸田 幹人, 小松崎 民樹
力学系理論による化学反応動力学の解明 電子科学研究所・研究交流会
(1.9 ,2015), 電子科学研究所 1階会議室 北海道札幌市 (ポスター) ( 発表日: 2015.1. 9)

2014

[110]永幡 裕, 前田 理, 寺本 央, Chun-Biu Li, 堀山 貴史, 武次 徹也, 小松崎 民樹
複雑分子系の構造異性化反応ネットワークに埋め込まれた時間階層構造の抽出  研究会「理論と実験」2014
(10.9-10.10 ,2014), 広島大学理学部 広島県東広島市 (口頭) ( 発表日: 2014.10. 10)

[109]Nag Preetom, 寺本 央, Chun-Biu Li, 小松崎 民樹
Dynamical heterogeneity and dynamics of cage breaking and formation in colloidal fluids 第52回日本生物物理学会年会
(9.25-9.27 ,2014), 札幌コンベンションセンター 北海道札幌市 (ポスター) ( 発表日: 2014.9. 25)

[108]永幡 裕, 前田 理, 寺本 央, Chun-Biu Li, 堀山 貴史, 武次 徹也, 小松崎 民樹
複雑分子系の異性化反応ネットワークに埋め込まれた時間階層構造の抽出 第52回日本生物物理学会年会
(9.25-9.27 ,2014), 札幌コンベンションセンター 北海道札幌市 (ポスター) ( 発表日: 2014.9. 27)

[107]永幡 裕, 前田 理, 寺本 央, Chun-Biu Li, 堀山 貴史, 武次 徹也, 小松崎 民樹
複雑分子系の異性化反応ネットワークに埋め込まれた時間階層構造の抽出 第8回分子科学討論会
(9.21-9.24 ,2014), 広島大学東広島キャンパス 広島県東広島市 (口頭) ( 発表日: 2014.9. 21)

[106]寺本 央, 戸田 幹人, 小松崎 民樹
正準変換摂動理論の有効領域の拡張法とそれによる振動子間の非線系共鳴によるエネルギー移動の解明 日本物理学会2014年秋季大会
(9.7-9.10 ,2014), 中部大学春日井キャンパス 愛知県春日井市 (口頭) ( 発表日: 2014.9. 9)

[105]寺本 央, 戸田 幹人, 小松崎 民樹
非線形時系列解析による分子の振動エネルギー移動の解析 北大理論化学合同Workshop
(9.1 ,2014), 創成科学研究棟 4階セミナー室 北海道札幌市 (口頭) ( 発表日: 2014.9. 1)

[104]永幡 裕, 前田 理, 寺本 央, Chun-Biu Li, 堀山 貴史, 武次 徹也, 小松崎 民樹
複雑分子系に埋め込まれた時間階層構造が映す化学分野の“非常識” ERATO湊離散構造処理系プロジェクト 「2014年度 秋のワークショップ」
(9.7-9.10 ,2014), ピスカ21  北海道礼文島 (ポスター) ( 発表日: 2014.9. 9)

[103]寺本 央
リー正準変換摂動理論のnon blow-up 領域と有効領域の解析 RIMS 研究集会 力学系:理論と応用の相互作用
(6.9-6.13 ,2014), 京都大学数理解析研究所 京都市 (招待, 口頭) ( 発表日: 2014.6. 11)

[102]永幡 裕, 前田 理, 寺本 央, Chun Biu Li, 堀山 貴史, 武次 徹, 小松崎 民樹
複雑分子系における構造異性化反応ネットワークの理解に向けて 第17回理論化学討論会
(5.22-5.24 ,2014), 名古屋大学(東山キャンパス)ES総合館 愛知県名古屋市 (口頭) ( 発表日: 2014.5. 23)

[101]寺本 央, 戸田 幹人, 小松崎 民樹
生体分子と水の過渡的な集団運動の抽出 第17回理論化学討論会
(5.22-5.24 ,2014), 名古屋大学(東山キャンパス)ES総合館 愛知県名古屋市 (口頭) ( 発表日: 2014.5. 22)

[100]永幡 裕, 前田 理, 寺本 央, Chun-Biu Li, 堀山 貴史, 武次 徹也, 小松崎 民樹
Markov連鎖が持つ時間階層構造抽出に向けて- 階層間をつなぐ理論の構築と、複雑な反応系の解析に向けて - JST ERATO湊離散構造処理系プロジェクト セミナー
(4. 30 ,2014), 北海道大学工学部 北海道札幌市 (招待, 口頭) ( 発表日: 2014.4. 30)

[99]永幡 裕, 寺本 央, Chun-Biu Li, 小松崎 民樹
タンパク質の時系列から得られたMarkov連鎖の解析に向けて:具体的な反応ネットワークの解析結果とその数値的な振る舞い ERATO湊離散構造処理系プロジェクト 「2014年度 春のワークショップ」
(4.18-4.19 ,2014), 北海道大学工学部 北海道札幌市 ( 発表日: 2014.4. 18)

[98]永幡 裕, 寺本 央, 堀山 貴史, Chun-Biu Li, 小松崎 民樹
タンパク質の時系列から得られたMarkov連鎖の解析に向けて:グラフの分割とクラスタリングで定義する複雑な化学反応における状態とその時間階層構造 理研シンポジウム:細胞システムの動態と論理Ⅵ
(4. 3-4. 4 ,2014), 理化学研究所和光本所 埼玉県和光市 (口頭/ポスター) ( 発表日: 2014.4. 3・4)

[97]寺本 央, 戸田 幹人, 小松崎 民樹
生体分子と水の過渡的な協同運動の抽出 日本物理学会 第69回年次大会
(3. 27-3. 30 ,2014), 東海大学湘南キャンパス 神奈川県平塚市 (口頭) ( 発表日: 2014.3. 30)

[96]永幡 裕, 寺本 央, 李 振風, 小松崎 民樹
タンパク質一分子計測から得られたマルコフ連鎖がもつ時間階層構造の理解に向けて 日本物理学会 第69回年次大会
(3. 27-3. 30 ,2014), 東海大学湘南キャンパス 神奈川県平塚市 (口頭) ( 発表日: 2014.3. 30)

[95]宮川 尚紀, 寺本 央, 河合 信之輔, 李 振風, 小松崎 民樹
パターン形成における本質的な高次相関情報量の抽出 日本物理学会 第69回年次大会
(3. 27-3. 30 ,2014), 東海大学湘南キャンパス 神奈川県平塚市 (口頭) ( 発表日: 2014.3. 28)

[94]寺本 央, Preetom Nag, Chun Biu Li, 小松崎 民樹
Dynamical heterogeneity and cage breaking dynamics in colloidal fluids in terms of Lagrangian Coherent structures (LCSs) 2013 年度日本生物物理学会北海道支部例会
(3.10 ,2014), 北海道大学 シオノギ創薬イノベーションセンター 北海道札幌市 (口頭) ( 発表日: 2014.3. 10)

[93]寺本 央, Preetom Nag, Chun Biu Li, 小松崎 民樹
Extracting coherent dynamics in colloidal fluids in terms of Lagrangian Coherent structures (LCSs) International Life-Science Symposium
(3.6 ,2014), 北海道大学 理学部 北海道札幌市 (口頭) ( 発表日: 2014.3. 6)

[92]永幡 裕, 堀山 貴史, 前田 理, 寺本 央, Chun Biu Li, 小松崎 民樹
タンパク質の時系列から得られたMarkov連鎖の解析に向けて:グラフの分割とクラスタリングで定義する複雑な化学反応における状態とその時間階層構造 2013 年度日本生物物理学会北海道支部例会
(3. 10 ,2014), 北海道大学 シオノギ創薬イノベーションセンター 北海道札幌市 (口頭) ( 発表日: 2014.3. 10)

[91]冨樫 祐一, 小松崎 民樹, 李 振風, 寺本 央, 新海 創也
少数分子反応ネットワーク理論の構築 新学術領域研究「少数性生物学」第6回領域会議
(2. 20-2. 23 ,2014), ヒルトンニセコビレッジ 北海道ニセコ (口頭) ( 発表日: 2014.2. 21)

[90]寺本 央, 戸田 幹人, 小松崎 民樹
生体分子と水の過渡的な協同運動の抽出 新学術領域研究「少数性生物学」第6回領域会議
(2. 20-2. 23 ,2014), ヒルトンニセコビレッジ 北海道ニセコ (ポスター) ( 発表日: 2014.2. 21)

[89]寺本 央, Preetom Nag, Chun Biu Li, 小松崎 民樹
コロイド流体の動的協同運動のLagrangian Coherent Structureによる抽出 北海道大学電子科学研究所平成25年度研究交流会
(1. 10 ,2014), 北海道大学, 電子科学研究所1階セミナールーム 北海道札幌市 (ポスター) ( 発表日: 2014.1. 10)

[88]寺本 央
軌道レベルのスペクトルによる軌道の複雑さの特徴付け 2013年度冬の力学系研究集会
(1. 10-1. 13 ,2014), 広島大学東千田キャンパス302講義室 広島県広島市 (口頭) ( 発表日: 2014.1. 10)

2013

[87]永幡 裕, 寺本 央, 堀山 貴史, Chun Biu Li, 小松崎 民樹
タンパク質一分子の計測から得られた定常マルコフ連鎖がもつ時間階層構造の理解に向けて ERATO湊離散構造処理系プロジェクト 「2013年度 秋のワークショップ」
(11. 25-11. 27 ,2013), 第一滝本館  北海道登別市 (ポスター) ( 発表日: 2013.11. 25)

[86]寺本央, 戸田幹人, 小松崎民樹
力学系をみる二つの視点:軌道と分布の描像、の関係 関東力学系セミナー
(11.5 ,2013), 一橋大学 東京都国立市 (招待, 口頭) ( 発表日: 2013.11. 5)

[85]Nag Preetom, Teramoto Hiroshi, Li Chun-Biu, Komatsuzaki Tamiki
Coherent dynamics in colloidal fluids in terms of Lagrangian coherent structures (LCS) 第51回日本生物物理学会年会
(10.28-10.30 ,2013), 国立京都国際会館 京都府京都市 (ポスター) ( 発表日: 2013.10. 30)

[84]永幡 裕, 寺本 央, Li Chun-Biu, 小松崎 民樹
一分子時系列から抽出されたマルコフ連鎖 定常ネットワーク における遷移確率が“最小”となる分子の“状態”の同定 第51回日本生物物理学会年会
(10.28-10.30 ,2013), 国立京都国際会館 京都府京都市 (ポスター) ( 発表日: 2013.10. 29)

[83]Sultana Tahmina, Takagi Hiroaki, Morimatsu Miki, Teramoto Hiroshi, Li Chun-Biu, Sako Yasushi, Komatsuzaki Tamiki
A Multiscale Kinetic Scheme Extracted from EGFR-Grb2 Single Molecule Reaction 第51回日本生物物理学会年会
(10.28-10.30 ,2013), 国立京都国際会館 京都府京都市 (ポスター) ( 発表日: 2013.10. 29)

[82]寺本 央, 戸田 幹人, 小松崎 民樹
個々の軌道の振舞いとその集団分布の振舞いの関係~一軌道レベルでのスペクトル解析法とそれによる溶質分子と水の協同運動の抽出~ 第36回溶液化学シンポジウム プレシンポジウム
( ,2013), 北海道大学 学術交流会館 札幌市 (招待, 口頭) ( 発表日: 2013.10. 8)

[81]永幡 裕, 寺本 央, 堀山 貴史, Chun-Biu Li, 小松崎 民樹
定常マルコフ連鎖から階層構造を抽出する際に生じる組み合わせ爆発 湊離散構造処理系プロジェクト ERATO セミナー
(10.01 ,2013), 北海道大学工学部 北海道札幌市 (口頭) ( 発表日: 2013.10. 01)

[80]寺本央, 戸田幹人, 小松崎民樹
反応座標切替機構の量子的兆候 第7回分子科学討論会2013京都
(9.24-9.27 ,2013), 京都テルサ 京都府京都市 (口頭) ( 発表日: 2013.9. 25)

[79]河合 信之輔, 寺本 央, 小松崎 民樹
時間スケールに依存して変化する実効自由度とエネルギー地形 第7回分子科学討論会2013京都
(9.24-9.27 ,2013), 京都テルサ 京都府京都市 (口頭) ( 発表日: 2013.9. 25)

[78]永幡 裕, 寺本 央, Chun-Biu Li, 河合 信之輔, 小松崎 民樹
反応の運命を分ける反応性境界: 定義の一般化とH5+プロトン移動反応における反応性境界の抽出 第7回分子科学討論会2013京都
(9.24-9.27 ,2013), 京都テルサ 京都府京都市 (口頭) ( 発表日: 2013.9. 25)

[77]永幡 裕, 寺本 央, 堀山 貴史, Chun-Biu Li, 小松崎 民樹
Identifying the most distinct disjoint sets to extract hierarchical structure in Markov chain steady state network extracted from time series by finding “minimum” transition probability A Symposium on Single Molecule Biophysics and Cyt c Biochemistry
(8.23-8.25 ,2013), 定山渓ビューホテル 北海道札幌市 (口頭) ( 発表日: 2013.8. 25)

[76]Naoki Miyagawa, Hiroshi Teramoto, Chun Biu Li, Tamiki Komatsuzaki
Information of multi-order correlation in pattern formation A Symposium on Single Molecule Biophysics and Cyt c Biochemistry
(8. 23-8. 25 ,2013), 定山渓ビューホテル 札幌市 (口頭) ( 発表日: 2013.8. 25)

[75]Nag Preetom, Hiroshi Teramoto, Chun Biu Li, Tamiki Komatsuzaki
Co-operative motion in colloidal fluids in terms of Lagrangian Coherent Structures(LCS) A Symposium on Single Molecule Biophysics and Cyt c Biochemistry
(8. 23-8. 25 ,2013), 定山渓ビューホテル 札幌市 (口頭) ( 発表日: 2013.8. 25)

[74]寺本 央
Spectral Analysis of Dynamics from a given Time Series A Symposium on Single Molecule Biophysics and Cyt c Biochemistry
(8.23-8.25 ,2013), 定山渓ビューホテル 北海道札幌市 (口頭) ( 発表日: 2013.8. 24)

[73]永幡 裕, 寺本 央, Chun-Biu Li, 河合 信之輔, 小松崎 民樹
2つの反応方向を持つサドルにおける化学反応:行先・起源を分ける反応性境界の抽出 日本化学会北海道支部2013年夏季研究発表会
( ,2013), 北見工業大学 北海道北見市 (口頭) ( 発表日: 2013.7. 20)

[72]小松崎 民樹, Chun Biu Li, 寺本央, 河合信之輔, James N. Taylor
階層性と多様性を内包する生命動態システムの解析基盤創成 平成24年度アライアンス成果報告会
(4.23 ,2013), 北大学術交流会館 (ポスター) ( 発表日: 2013.4. 23)

[71]永幡 裕, 河合 信之輔, 寺本 央, 李 振風, 小松崎 民樹
反応の「始状態・終状態」を一義的に分ける相空間構造 日本物理学会第68回年次大会
(3. 26-3. 29 ,2013), 広島大学 東広島キャンパス 東広島市 (口頭)

[70]寺本 央, 戸田 幹人, 小松崎 民樹
法双曲的不変多様体崩壊の量子的兆候 日本物理学会第68回年次大会
(3. 26-3. 29 ,2013), 広島大学 東広島キャンパス 東広島市 (口頭) ( 発表日: 2013.3. 26)

[69]寺本央, 戸田幹人, 小松崎民樹
Stationary Lagrangian Coherent Structureによる化学反応動力学 の理解 日本化学会第93春季年会
(3.22-3.25 ,2013), 立命館大学びわこ・くさつキャンパス 滋賀県草津市 (口頭) ( 発表日: 2013.3. 23)

[68]T. Sultana, H. Takagi, M. Morimatsu, H. Teramoto, C. Li, Y. Sako, T. Komatsuzaki
Multiscale Hidden Markovian Network Buried in Recognition Reaction of EGFR and Grb2. 2012年度 日本生物物理学会北海道支部例会
( ,2013), 北海道大学理学部 札幌市 (口頭) ( 発表日: 2013.3. 5)

[67]千葉勇太, 河合信之輔, 馬場昭典, 寺本央, 李振風, 小松崎民樹
一分子時系列から掘り起こす多次元自由エネルギー地形の情報理論的構成法の開発 化学系学協会北海道支部冬期研究発表会
(1.30 ,2013), 北海道大学 (口頭) ( 発表日: 2013.1. 30)

[66]永幡裕, 寺本央, Chun Biu Li, 河合信之輔, 小松崎民樹
2つの反応方向を持つサドルにおける化学反応:反応の運命を分ける反応性境界の抽出 化学系学協会北海道支部2013年冬季研究発表会
(1.29-1.30 ,2013) 札幌 (口頭) ( 発表日: 2013.1. 30)

[65]河合信之輔, 寺本央, 小松崎民樹
多自由度化学反応系の本質部分を記述する少数自由度の抽出 化学系学協会北海道支部2013年冬季研究発表会
(1.29-1.30 ,2013) 札幌 (口頭) ( 発表日: 2013.1. 30)

2012

[64]千葉勇太, 河合信之輔, 馬場昭典, 寺本央, 李振風, 小松崎民樹
一分子時系列から掘り起こす多次元自由エネルギー地形の情報理論的構成法の開発 定量生物学会
(1.8-1.9 ,2012), 名古屋大学 (ポスター)

[63]寺本央
Lagrangian Coherent Structure (LCS)の計算法の確立とそれによる 流れの場の骨格の抽出 第1回 少数性生物学領域会議
(2.19 ,2012) ニセコ (口頭) ( 発表日: 2012.2. 19)

[62]Tahmina Sultana, Hiroshi Teramoto, Chun Biu Li, Tamiki Komatsuzaki
Extracting the Reaction Network Buried in Single Molecule Time Series of Epidermal Growth Factor Receptor (EGFR) and Growth Factor Receptor-Bound Protein 2 (Grb2) in Cytoplasm IGP International Symposium 2012
(3.2 ,2012), Hokkaido University (口頭) ( 発表日: 2012.3. 2)

[61]H.Teramoto
Analysis of dynamical systems with large degrees of freedom in terms of hyperbolic invariant manifolds and their breakdown International symposium on anomalous statistics, generalized entropies, and information geometry NEXT2012Nara
(3.7 ,2012), 国立大学法人 奈良女子大学記念会議室 (招待, 口頭) ( 発表日: 2012.3. 7)

[60]河合信之輔, 寺本央, 小松崎民樹
凝縮相化学反応の本質部分を記述する低自由度力学系の抽出 日本物理学会第67回年次大会
(3.24 ,2012), 関西学院大学西宮上ケ原キャンパス (口頭) ( 発表日: 2012.3. 24)

[59]永幡裕, 河合信之輔, 寺本央, 李振風, 小松崎民樹
2つの反応方向をもつ鞍点での、反応の「過去・未来」を一義的に分ける相空間構造 日本物理学会第67回年次大会
(3.24 ,2012), 関西学院大学西宮上ケ原キャンパス (口頭) ( 発表日: 2012.3. 24)

[58]寺本央, 戸田幹人, 小松崎民樹
局所スペクトルを用いた大自由度力学系の解析 日本物理学会第67回年次大会
(3.24 ,2012), 関西学院大学西宮上ケ原キャンパス (口頭) ( 発表日: 2012.3. 24)

[57]菊地正浩, 河合信之輔, 寺本央, Chun Biu Li, 小松崎民樹
非リボソームペプチド合成酵素の多次元挙動解析理論の開発 日本物理学会第67回年次大会
(3.27 ,2012), 関西学院大学西宮上ケ原キャンパス (ポスター) ( 発表日: 2012.3. 27)

[56]千葉勇太, 河合信之輔, 馬場昭典, 寺本央, Chun Biu Li, 小松崎民樹
一分子時系列から“掘り起こす”多次元自由エネルギー地形の情報理論的構成法の開発 日本物理学会第67回年次大会
(3.27 ,2012), 関西学院大学西宮上ケ原キャンパス (ポスター) ( 発表日: 2012.3. 27)

[55]宮川尚紀, 寺本央, 李振風, 小松崎民樹
大域的パターンの連結情報量とその分解可能性 日本物理学会第67回年次大会
(3.27 ,2012), 関西学院大学西宮上ケ原キャンパス (口頭) ( 発表日: 2012.3. 27)

[54]宮川尚紀, 寺本央, 李振風, 小松崎民樹
大域的パターンの連結情報量とその分解可能性 日本物理学会第67回年次大会
(3.27 ,2012), 関西学院大学西宮上ケ原キャンパス 兵庫県 (口頭) ( 発表日: 2012.3. 27)

[53]河合信之輔, 寺本央, 小松崎民樹
多原子分子の構造転移反応に対する少数の変数による実効的記述 日本化学会 第92春季年会
(3.28 ,2012), 慶応大学 横浜市 (口頭) ( 発表日: 2012.3. 28)

[52]寺本央
法双曲不変多様体崩壊のシナリオ ワークショップ「力学的決定性と統計性の中間領域を探るIV」
(3.30 ,2012), 関西セミナーハウス 京都市 (招待, 口頭) ( 発表日: 2012.3. 30)

[51]永幡裕, 寺本央, 李 振風, 河合信之輔, 小松崎民樹
Extracting Boundary of Reaction Associated with an Index-two-saddle from a Two Degree-of-Freedom System 28th Symposium on Chemical Kinetics and Dynamics
(6.6 ,2012), Kyushu University Chikushi campus 福岡市 (口頭) ( 発表日: 2012.6. 6)

[50]寺本 央
反変Lyapunovベクトルとそれを用いた法反発的不変面の構成 第33回 CRESTセミナー
( ,2012), 東北大学理学研究科合同棟 仙台市 (招待, 口頭) ( 発表日: 2012.7. 5)

[49]寺本 央
Lagrangian Coherent Structureの概念の確立およびそれによる流れの解析 北大理論化学合同セミナー2012
( ,2012), 北海道大学 札幌市 (口頭) ( 発表日: 2012.8. 2)

[48]寺本央, George Haller, 小松崎民樹
反変Lyapunovベクトルを用いた法反発的不変面の構成法 日本物理学会秋季大会
(9.18-9.21 ,2012), 横浜国立大学 (ポスター) ( 発表日: 2012.9. 18)

[47]Preetom Nag, Hiroshi Teramoto, Chun Biu Li, Tamiki Komatsuzaki
Extracting quasi-normally repelling material surface by re-formulating variational Lagrangian coherent structure(LCS) theory 日本物理学会秋季大会
(9.18-9.21 ,2012), 横浜国立大学 (口頭) ( 発表日: 2012.9. 18)

[46]永幡 裕, 河合 信之輔, 寺本 央, Chun-Biu Li, 小松崎 民樹
高次ランクサドルを含めた化学反応ダイナミクスにおける反応の境界 第6回分子科学討論会
(9.18-9.21 ,2012) (ポスター) ( 発表日: 2012.9. 19)

2011

[45]寺本 央, 戸田 幹人, 小松崎 民樹
法双曲不変多様体崩壊と生成のメカニズム 2010年度冬の力学系研究集会
(1.7-1.8 ,2011), 東京工業大学大岡山キャンパス (口頭) ( 発表日: 2011.1. 8)

[44]T.Sultana, H.Teramoto, C.Li, T. Komatsuzaki
Extracting the Reaction Network Buried in Single Molecule Time Series of Epidermal Growth Factor Receptor and Grb2 Fusion Bioscience International Symposium
(3.4 ,2011), Hokkaido University (口頭) ( 発表日: 2011.3. 4)

[43]Z. Liu, H. Teramoto, C. Li, T. Komatsuzaki
Extracting Protein Dynamics from Single Molecular Time Series Fusion Bioscience International Symposium
(3.4 ,2011), Hokkaido University (ポスター) ( 発表日: 2011.3. 4)

[42]宮川 尚紀, 寺本 央, 李 振風, 小松崎 民樹
多変数確率過程の大域的パターンと高次相関情報量(Connected Information) 日本物理学会 第66回年次大会
(3 ,2011), 新潟大学五十嵐キャンパス (口頭) ( 発表日: 2011.3)

[41]永幡 裕, 河合 信之輔, 寺本 央, 李 振風, 小松崎 民樹
ランク2サドルとその近傍に於ける遷移ダイナミクス 日本物理学会 第66回年次大会
(3 ,2011), 新潟大学五十嵐キャンパス (口頭) ( 発表日: 2011.3)

[40]寺本 央, 戸田 幹人, 小松崎 民樹
法双曲不変多様体の崩壊と生成、局所から大域へ 日本物理学会 第66回年次大会
(3 ,2011), 新潟大学五十嵐キャンパス (口頭) ( 発表日: 2011.3)

[39]河合信之輔, 寺本央, 小松崎民樹
生体分子の構造転移に関する次元低減解析と本質的ダイナミクスの抽出 第14回理論化学討論会
(5.13 ,2011), 岡山大学 岡山市 (口頭) ( 発表日: 2011.5. 13)

[38]寺本央, 戸田幹人, 小松崎民樹
反応座標スイッチング機構の量子力学的兆候 日本化学会第91春季年会プログラム
(3 ,2011), 神奈川大学横浜キャンパス (口頭) ( 発表日: 2011.3)

[37]寺本央, 戸田幹人, 小松崎民樹
双曲不変多様体崩壊の量子力学的兆候 日本物理学会2011年秋季大会
(9.21-9.24 ,2011) (口頭)

[36]寺本央, 小松崎 民樹
Roles of water for conformation changes of a peptide -water assisting/hindering mechanism- 日本生物物理学会 2011
(9.17 ,2011), 東北大学 仙台市 (口頭) ( 発表日: 2011.9. 17)

[35]宮川 尚紀, 寺本 央, 李 振風, 小松崎 民樹
Mathematical Principles of Hierarchical Structures in Multivariate Stochastic Process 日本生物物理学会 2011
(9.17 ,2011), 東北大学 仙台市 (口頭) ( 発表日: 2011.9. 17)

[34]永幡 裕, 河合 信之輔, 寺本 央, 李 振風, 小松崎 民樹
二つの反応方向をもつ鞍点における反応の決定性 分子科学討論会(札幌)2011
(9.21 ,2011), 札幌コンベンションセンター 札幌市 (口頭) ( 発表日: 2011.9. 21)

[33]宮川 尚紀, 寺本 央, 李 振風, 小松崎 民樹
階層構造をつくる多変数確率過程の数理 分子科学討論会(札幌)2011
(9.21 ,2011), 札幌コンベンションセンター 札幌市 (ポスター) ( 発表日: 2011.9. 21)

[32]Sultana Tahmina, Komatsuzaki Tamiki, Li Chun Biu, Teramoto Hiroshi
Extracting the reaction network buried in single Molecule Time Series of Epidermal Growth Factor Receptor and Grb2 分子科学討論会(札幌)2011
(9.22 ,2011), 札幌コンベンションセンター 札幌市 (ポスター) ( 発表日: 2011.9. 22)

[31]河合 信之輔, 寺本 央, 小松崎 民樹
大自由度分子系のダイナミクスを記述する低次元力学系の抽出 分子科学討論会(札幌)2011
(9.23 ,2011), 札幌コンベンションセンター 札幌市 (口頭) ( 発表日: 2011.9. 23)

[30]Z. Liu, C.Li, H. Teramoto, T. Komatsuzaki
Extracting Protein Dynamics from Single Molecular Time Series 分子科学討論会(札幌)2011
(9.23 ,2011), 札幌コンベンションセンター 札幌市 (ポスター) ( 発表日: 2011.9. 23)

[29]寺本央, 戸田幹人, 小松崎民樹
局所スペクトルによる大自由度力学系の動態解析 応用数理若手の会単独研究会
(12.26 ,2011), 早稲田大学 西早稲田 (口頭) ( 発表日: 2011.12. 26)

2010

[28]H. Teramoto
High-dimensional folding patterns of stable/unstable manifolds and their physical implications Workshop on dynamical systems theory and reaction dynamics toward large systems
(1 ,2010) Kyoto (招待, 口頭) ( 発表日: 2010.1)

[27]寺本 央, 小松崎 民樹
溶質分子の構造変化に際しての水の役割 日本物理学会
(3 ,2010), 岡山大学津島キャンパス (一般, 口頭) ( 発表日: 2010.3)

[26]桜井 大督, 李 振風, 寺本 央, 小松崎 民樹
粘菌の自己組織化的な環境適応モデルのダイナミクス 日本物理学会第65回年次大会
(3 ,2010), 岡山大学津島キャンパス 岡山市 (一般, ポスター) ( 発表日: 2010.3)

[25]永幡 裕, 寺本央, 李 振風, 小松崎民樹
可積分系でのエルゴード性を仮定しない反応速度定数の導出 日本物理学会第65回年次大会
(3 ,2010), 岡山大学津島キャンパス 岡山市 (一般, ポスター) ( 発表日: 2010.3)

[24]寺本 央, 小松崎 民樹
法双曲不変多様体の崩壊のシナリヲ 第13回理論化学討論会
(5.23-5.25 ,2010), 北海道大学 (一般, ポスター) ( 発表日: 2010.5. 24)

[23]永幡 裕, 河合 信之輔, 寺本 央, 李 振風, 小松崎 民樹
ランク2サドルにおける遷移ダイナミックスの集団挙動とカオス 第13回理論化学討論会
(5.23-5.25 ,2010), 北海道大学 (一般, ポスター) ( 発表日: 2010.5. 24)

[22]河合 信之輔, 寺本 央, 小松崎 民樹
熱揺らぎ環境下における生体分子の構造転移に対する次元縮約と真の反応自由度 第13回理論化学討論会
(5.23-5.25 ,2010), 北海道大学 (一般, 口頭) ( 発表日: 2010.5. 25)

[21]小松崎民樹, Chun Biu Li, 寺本央, 馬場昭典, 河合信之輔
階層性、適応性、因果性を内包する生命システムの動態解析基盤 アライアンス「医療材料・デバイス」G3グループ キックオフミーティング
(7.16-7.17 ,2010) 札幌 (招待, 口頭) ( 発表日: 2010.7. 17)

[20]H. Teramoto, T. Komatsuzaki
ペプチドと水の動力学的相互作用の解明"Understanding of dynamical interactions between a peptide and water" 日本生物物理学会第48回年会
(9 ,2010), 東北大学川内キャンパス 仙台市 (ポスター) ( 発表日: 2010.9)

[19]寺本 央
法双曲不変多様体崩壊のシナリオ 力学系研究集会-理論から応用へ、応用から理論へ-
(9 ,2010), 京都大学数理解析研究所 京都市 (口頭) ( 発表日: 2010.9)

2009

[18]寺本央, 小松崎民樹
安定/不安定多様体の折り畳みパターンを通した分子動力学の解明 理論化学討論会
(5.29 ,2009), 東京大学本郷キャンパス 武田先端知ビル 武田ホール (口頭) ( 発表日: 2009.5. 29)

[17]Hiroshi Teramoto, Tamiki Komatsuzaki
Understanding high dimensional molecular dynamics in terms of stable/unstable manifolds 反応化学討論会
(6.3 ,2009), 大宮ソニックシティ (口頭) ( 発表日: 2009.6. 3)

[16]寺本 央
多自由度Hamilton系における安定/不安定多様体の可能な折り畳みパターンとそれらの力学系の性質との関係 力学系研究集会「双曲型力学系から大自由度力学系へ」(
(8.17-8.22 ,2009), 京都大学吉田キャンパス (口頭)

[15]寺本央, 小松崎民樹
多自由度系における安定/不安定多様体の折り畳みパターンおよびそれを通じた力学系の理解 日本物理学会2009年秋季大会
(9.25-9.28 ,2009), 熊本大学 熊本市 (口頭)

[14]寺本 央
水の集団運動の解析およびそれを通じた溶質分子と水分子の動力学的相互作用の解明 第47回日本生物物理学会年会
(10.30-11.1 ,2009), アスティとくしま (ポスター)

2008

[13]寺本 央
Aiming at the universal understanding of molecular systems in terms of theories of dynamical system 若手研究会 「理論化学のフロンティアを探る」
(1.15-1.17 ,2008), 岡崎コンファレンスセンター 岡崎 (招待, 口頭)

[12]寺本 央, 小松崎 民樹
反応性自由度は反応に際して如何にしてエネルギー を獲得するのか? 大規模計算と分子のダイナミクス
(2.18-2.19 ,2008), 岡崎コンファレンス センター 岡崎 (ポスター)

[11]寺本 央, 小松崎 民樹
How stable and unstable manifold entangle with each other and what is essentially new in systems with more than 2 dof? 第2回力学系ルネッサンス
(2.20-2.22 ,2008), 奈良女子大学 奈良 (口頭)

[10]寺本 央, 小松崎 民樹
時系列データから間欠的なカオスおよび規則的挙動 を抽出するための方法論 日本物理学会 第 63回年次大会プログラム
(3.22-3.26 ,2008), 近畿大学 大阪 (ポスター)

[9]寺本 央
生体分子系における化学反応の選択性と統計性の原理的理解 特定領域研究「高次系分子科学」第2回ミニ公開シンポジウム
(7.12 ,2008), 神戸大学 (招待, 口頭) ( 発表日: 2008.7. 12)

[8]寺本 央, 小松崎 民樹
符号化可能力学系の時系列からMarkov分割を構成する方法論および異なるMarkov分割から構成されるMarkov確率過程間の関係に関する研究 第64回日本物理学会
(9.20-9.23 ,2008) 岩手 (ポスター)

[7]寺本 央
分子の動力学と力学系理論との接点 特定領域研究「実在系の分子理論」若手研究者勉強会
(11.29 ,2008), 伊豆長岡えふでの宿小松家八の坊 伊豆の国市 (招待, 口頭) ( 発表日: 2008.11. 29)

[6]寺本央, 小松崎民樹
生体分子のモード選択性の解明 日本生物物理学会
(12.3-12.5 ,2008) 福岡 (ポスター)

2007

[5]寺本 央, 小松崎 民樹
正準変換摂動理論による遅い作用変数の抽出法とそれによる動力学の解明 分子研研究会 分子科学における連成シュミュレーションの基礎理論と応用
(8.29-8.31 ,2007) 岡崎 (ポスター)

[4]寺本 央, 小松崎 民樹
生体分子における振動エネルギーから力学的エネルギーへの変換機構 第一回分子科学討論会
(9.17-9.20 ,2007) (口頭)

[3]寺本 央, 小松崎 民樹
生体分子の振動エネルギーから力学的エネルギーへの変換機構 日本物理学会 第62回年次大会
(9.21-9.24 ,2007) (口頭)

[2]寺本 央, 小松崎 民樹
Introduction to theories of dynamical systems 第1回力学系ルネッサンス
(12.2-12.4 ,2007), 北海道大学電子科学研究所 札幌 (口頭)

[1]寺本 央, 小松崎 民樹
生体系時系列データから動力学諸量を抽出する方法論 第45回日本生物物理学会
(12.21-12.23 ,2007) 横浜 (ポスター)

国際発表

2017

[54]Hiroshi Teramoto
Application of Singularity Theory to Material Sciences
Geometric and Algebraic Singularity Theory(9.11-9.15 ,2017), Będlewo Conference Center, Będlewo, Poland 9, 13 (oral)

[53]Hiroshi Teramoto
Classification of Hamiltonians in neighborhoods of band crossings in terms of the theory of singularities
the Floris Takens seminar series(9.5-9.5 ,2017), University of Groningen, Groningen, The Netherlands 9, 5 (invited, oral)

2016

[52]Preetom Nag, Khalifa Mohammad Helal, Hiroshi Teramoto, Chun-Biu Li, Hisashi Haga, Tamiki Komatsuzaki
Dynamical Heterogeneity During Collective Migration of MDCK Epithelial Monolayer
The 17th RIES-Hokudai International Symposium(12.13-12.14 ,2016), Chateraise Gateaux Kingdom Sapporo, Sapporo, Hokkaido 12, 13 (Poster)

[51]Khalifa Mohammad Helal, Preetom Nag, Hiroshi Teramoto, Chun Biu Li, Hisashi Haga, Tamiki Komatsuzak
Collective Cell Migration: Underlying Dynamics and Emergent Structures of Heterogeneity
The 17th RIES-Hokudai International Symposium(12.13-12.14 ,2016), Chateraise Gateaux Kingdom Sapporo, Sapporo, Hokkaido 12, 13 (Poster)

[50] Hiroshi Teramoto, Mikito Toda, Tamiki Komatsuzaki
Classification of Electron Energy Level Crossings in terms of the Theory of Singularities and Analysis of Non-Adiabatic Transitions around the Crossings
Computational Chemistry (CC) Symposium in ICCMSE(3.17-3.20 ,2016), Metropolitan Hotel, Athens, Greece 3, 17 (invited, oral)

2015

[49]Hiroshi Teramoto, Mikito Toda, Tamiki Komatsuzaki
Dynamical Reaction Theory: Beyond the conventional perturbation theory
Colloquium on kinetics and scattering theory for astrophysics (Nov 26-27) (in a part of the extended workshop “Theory of Gas Phase Scattering and Reactivity for Astrophysics(Nov 23-Dec 8)” along COST ‘Our chemical History’Action CM1401)(11.16-11.27 ,2015), Max Planck Institute of Colloids and Interfaces, Potsdam, Germany 11, 27 (invited, oral)

[48]Yutaka Nagahata, Satoshi Maeda, Hiroshi Teramoto, Chun-Biu Li, Tetsuya Taketsugu, Tamiki Komatsuzaki
Developing high precision algorithm to predict observation timescale hierarchy of an isomerization reaction network
The 16th RIES-Hokudai International Symposium(11.10-11.11 ,2015), Chateraise Gateaux Kingdom Sapporo, Sapporo, Japan 11, 10 (Poster)

[47]Hiroshi Teramoto, Mikito Toda, Tamiki Komatsuzaki
Classification and Control of electron energy level crossings in terms of the theory of singularity
The 16th RIES-Hokudai International Symposium(11.10-11.11 ,2015), Chateraise Gateaux Kingdom Sapporo, Sapporo, Japan 11, 10 (Poster)

[46]Hiroshi Teramoto, Mikito Toda, Masahiko Takahashi, Hirohiko Kohno, Tamiki Komatsuzaki
A Global Dynamical Switching of a Reaction Coordinate and its Experimental Observability
Telluride summer workshop “Geometry of Chemical Reaction Dynamics”(7.27-8.7 ,2015), Telluride Elementary School, Telluride, USA 8, 1 (invited talk)

[45]Hiroshi Teramoto, Mikito Toda, Masahiko Takahashi, Hirohiko Kono, Tamiki Komatsuzaki
A Global Dynamical Switching of a Reaction Coordinate and its Experimental Observability
31st Symposium on Chemical Kinetics and Dynamics(6.3-6.5 ,2015), Frontier Research in Applied Sciences Bldg., Faculty of Engineering, Hokkaido University, Sapporo, Hokkaido 6, 3 (oral)

[44]Yutaka Nagahata, Satoshi Maeda, Hiroshi Teramoto, Chun-Biu Li, Takashi Horiyama, Tetsuya Taketsugu, Tamiki Komatsuzaki
Deciphering timescale hierarchy encoded in complex reaction networks
31st Symposium on Chemical Kinetics and Dynamics(6.3-6.5 ,2015), Frontier Research in Applied Sciences Bldg., Faculty of Engineering, Hokkaido University, Sapporo, Hokkaido 6, 3 (poster)

[43]Tamiki Komatsuzaki, Mikito Toda, Hiroshi Teramoto
Dynamical Switching of Reactive and Nonreactive Modes at High Energies
2015 SIAM Conference on Dynamical Systems(5.17-5.21 ,2015), Snowbird Ski and Summer Resort, Snowbird, Utah, USA 5, 20 (invited, oral)

[42]Hiroshi Teramoto, Tamiki Komatsuzaki
Identifying different reaction processes in terms of graph laplacian
IlLuminyating 2015(5.7-5.8 ,2015), Instituto de Ciencias Matemáticas, Universidad Autónoma de Madrid, Madrid, Spain 5, 7 (invited, oral)

[41]Hiroshi Teramoto, Mikito Toda, Tamiki Komatsuzaki
Understandings of Chemical Reaction Dynamics in terms of Dynamical System Theory
Computational Chemistry (CC) Symposium in ICCMSE(3.20-3.23 ,2015), Metropolitan Hotel, Athens, Greece 3, 20 (invited, oral)

[40]Yutaka Nagahata, Hiroshi Teramoto, Takashi Horiyama, Chun-Biu Li, Tamiki Komatsuzaki
Timescale hierarchies of complex reaction network
Workshop on dynamical systems and computation 2015‎(3.3-3.6 ,2015), Hokkaido University, Sapporo, Hokkaido 3, 4 (oral)

[39]Hiroshi Teramoto
Understandings of Chemical Reaction Dynamics in terms of Dynamical System Theory
Workshop on dynamical systems and computation 2015‎(3.3-3.6 ,2015), Hokkaido University, Sapporo, Hokkaido 3, 6 (oral)

2014

[38]Yutaka Nagahata, Satoshi Maeda, Hiroshi Teramoto, Chun-Biu Li, Takashi Horiyama, Tetsuya Taketsugu, Tamiki Komatsuzaki
An extraction of embedded timescale hierarchies buried in complex reaction network
The 15th Ries-Hokudai International Symposium 響[hibiki](12.16-12.17 ,2014), CHÂTERAISÉ Gateaux Kingdom SAPPORO, Sapporo, Hokkaido 12, 16 (poster)

[37]Preetom Nag, Hiroshi Teramoto, Chun Biu Li, Joseph Z. Terdik, Norbert F. Scherer, Tamiki Komatsuzaki
Local-heterogeneous responses and transient dynamics in colloidal fluids
The 15th Ries-Hokudai International Symposium 響[hibiki](12.16-12.17 ,2014), CHÂTERAISÉ Gateaux Kingdom SAPPORO, Sapporo, Hokkaido 12, 16 (poster)

[36]Hiroshi Teramoto
Extracting coherent molecular vibrational modes by nonlinear time series analysis
Workshop on Theory and Applications of Random/Non-autonomous Dynamical Systems(9.8-9.15 ,2014), Dynamical Systems Group, Department of Mathematics, Imperial College London, London, UK 9, 11 (invited, oral)

[35]Hiroshi Teramoto
Extracting molecular coherent vibrational modes by nonlinear time series analysis
Workshop "What kinds of dynamical feature can we extract from data?"(8.27-8.28 ,2014), Niseko town center, Niseko, Hokkaido 8, 27 (oral)

[34] Hiroshi Teramoto, Mikito Toda, Tamiki Komatsuzaki
Reaction Coordinate Switching Mechanism, on the Possibility of Its Experimental Verification and Its Quantum Manifestation
The 10th AIMS Conference on Dynamical Systems, Differential Equations and Applications(7.7-7.11 ,2014), Universidad Autónoma de Madrid, Madrid, Spain 7, 8 (invited, oral)

[33]Hiroshi Teramoto, Mikito Toda, Tamiki Komatsuzaki
Extracting Cooperative modes between a biological molecule and water molecules
International Workshop "Over the Barriers of Transition Paths: Dynamical Processes in Proteins and Complex Molecular Systems"(6.28 ,2014), Tokyo Institute of Technology, Yokohama, Kanagawa 6, 28 (invited, oral)

[32] Hiroshi Teramoto
Transportation barriers in dynamical systems
Workshop on Lagrangian Coherent Structures and Dynamical Systems(3. 5-3. 7 ,2014), Hokkaido University, Sapporo, Japan 3, 7 (oral)

2013

[31] Hiroshi Teramoto, Mikito Toda, Tamiki Komatsuzaki
Relation between dynamics of individual trajectories and that of their ensemble distributions -Spectral Analysis of Individual Trajectories-
The 14th RIES-HOKUDAI International Symposium 網[mou](12. 11-12. 12 ,2013), CHÂTERAISÉ Gateaux Kingdom SAPPORO, Sapporo, Japan 12, 11 (poster)

[30]Tahmina Sultana, Hiroaki Takagi, Miki Morimatsu, Hiroshi Teramoto, Chun Biu Li, Yasushi Sako, Tamiki Komatsuzaki
Scrutiny of Heterogeneity in Memory by Extracting Reaction Network Buried in Single Molecule Time Series of EGFR and Grb2
The 14th RIES-HOKUDAI International Symposium 網[mou](12. 11-12. 12 ,2013), CHÂTERAISÉ Gateaux Kingdom SAPPORO, Sapporo, Japan 12, 11 (poster)

[29]Yutaka Nagahata, Hiroshi Teramoto, Takashi Horiyama, Chun Biu Li, Tamiki Komatsuzaki
Toward understanding hierarchical structure of complex reaction networks extracted from single molecule time series
The 14th RIES-HOKUDAI International Symposium 網[mou](12. 11-12. 12 ,2013), CHÂTERAISÉ Gateaux Kingdom SAPPORO, Sapporo, Japan 12, 11 (poster)

[28]Preetom Nag, Hiroshi Teramoto, Chun Biu Li, Tamiki Komatsuzaki
Coherent dynamics in colloidal fluids in terms of Lagrangian Coherent Structures (LCSs)
The 14th RIES-HOKUDAI International Symposium 網[mou](12. 11-12. 12 ,2013), CHÂTERAISÉ Gateaux Kingdom SAPPORO, Sapporo, Japan 12, 11 (poster)

[27]Naoki Miyagawa, Hiroshi Teramoto, Chun Biu Li, Tamiki Komatsuzaki
Information of multi-order correlation in pattern formation
The 14th RIES-HOKUDAI International Symposium 網[mou](12. 11-12. 12 ,2013), CHÂTERAISÉ Gateaux Kingdom SAPPORO, Sapporo, Japan 12, 11 (poster)

[26]Kunihiko Ibe, Hiroshi Teramoto, Chun Biu Li, Tamiki Komatsuzaki
Extracting the Protein-folding Dynamics from Single Molecule Time Series
The 14th RIES-HOKUDAI International Symposium 網[mou](12. 11-12. 12 ,2013), CHÂTERAISÉ Gateaux Kingdom SAPPORO, Sapporo, Japan 12, 11 (poster)

[25]Shinnosuke Kawai, Hiroshi Teramoto, Tamiki Komatsuzaki
Essential Coordinates to Describe the Dynamics of Many-atom Systems
5th JCS International Symposium on Theoretical Chemistry(12. 2-12. 6 ,2013), Todai-ji Culture Center , Nara, Japan 12, 3 (invited, poster)

[24]Hiroshi Teramoto
Coherent Dynamics in Colloidal Fluids in terms of Lagrangian Coherent Structure
The Complexity of Dynamics and Kinetics in Many Dimensions(6.16-6.20 ,2013), Telluride Intermediate School, Telluride, CO., US (Oral)

[23]Yutaka Nagahata, Hiroshi Teramoto, Chun-Biu Li, Tamiki Komatsuzaki
Identifying states in Markov chain steady state network extracted from time series by finding minimum transition probability
The Complexity of Dynamics and Kinetics in Many Dimensions(6.18 ,2013), Telluride Intermediate School, Telluride, CO., US (Oral)

[22]Yutaka Nagahata, Hiroshi Teramoto, Chun-Biu Li, Shinnosuke Kawai, Tamiki Komatsuzaki
Reactivity Boundaries to Separate the Fate of a Chemical Reaction Associated with Multiple Saddles
Geometry of Chemical Reaction Dynamics in Gas and Condensed Phases ,Telluride Intermediate School(6.13 ,2013), Telluride, CO., US (Oral)

[21]Hiroshi Teramoto
Breakdown of Normally Hyperbolic Invariant Manifolds, its Consequences and Quantum Manifestation
,Geometry of Chemical Reaction Dynamics in Gas and Condensed Phases(6.12 ,2013), Telluride Intermediate School, Telluride, CO., US (Oral)

[20]Hiroshi Teramoto
Detecting and analyzing methods of normally hyperbolic invariant manifolds
XXXⅢ Dynamics Days Europe-Madrid 2013(6.3-6.7 ,2013), Madrid, Spain (invited, Oral)

[19]Hiroshi Teramoto
Detecting and analyzing methods of normally hyperbolic invariant manifolds
Illuminating 2013: Dynamical Perspectives on Molecular Processes(5.8-5.10 ,2013), Loughborough University, , Loughborough, Leicestershir, UK (invited, Oral)

2012

[18]Tahmina Sultana, Hiroshi Teramoto, Chun Biu Li, Tamiki Komatsuzaki
Extracting the Reaction Network Buried in Single Molecule Time Series of Epidermal Growth Factor Receptor (EGFR) and Growth Factor Receptor-Bound Protein 2 (Grb2) in Cytoplasm
IGP International Symposium 2012(3.2 ,2012), Hokkaido University (oral)

[17]H.Teramoto
Analysis of dynamical systems with large degrees of freedom in terms of hyperbolic invariant manifolds and their breakdown
International symposium on anomalous statistics, generalized entropies, and information geometry NEXT2012Nara, Memorial Hall (3.7 ,2012), Nara Women's University (invited)

[16]Shinnosuke Kawai, Hiroshi Teramoto, Tamiki Komatsuzaki
Effect of Time Scales on the Essential Dimensionality of a Dynamical System
The 13th RIES-Hokudai International Symposium (12.13-12.14 ,2012), Chateraise Gateaux Kingdom, Sapporo, Japan (poster)

[15]Preetom Nag, Hiroshi Teramoto, Chun Biu Li, Tamiki Komatsuzaki
Extracting quasi-normally repelling material surface by re-formulating variational Lagrangian coherent structure(LCS) theory
The 13th RIES-Hokudai International Symposium (12.13-12.14 ,2012), Chateraise Gateaux Kingdom, Sapporo, Japan (poster)

2011

[14]S. Kawai, H. Teramoto, T. Komatsuzaki
Low-dimensional Description of Complex Many-Body Molecular Systems by Extracting Important Dynamical Modes
14th Asian Chemical Congress(9.8 ,2011), The Queen Sirikit National Convention Center, Bangkok (invited)

[13]Naoki Miyagawa, Hiroshi Teramoto, Chun Biu Li, Tamiki Komatsuzaki
Spatial Heterogeneity of Multivariate Dependence
International Conference of Numerical Analysis and Applied Mathematics(9.19-9.25 ,2011), Greece (invited)

[12]Tahmina Sultana, Hiroshi Teramoto, Chun Biu Li, Tamiki Komatsuzaki
Extracting the reaction network buried in Single Molecule Time Series of Epidermal Growth Factor Receptor and Growth Factor Receptor-Bound Protein 2
12th RIES-Hokudai International Symposium (11.21-11.22 ,2011), Chateraise Gateaux Kingdom Sapporo (poster)

[11]Yutaka Nagahata, Shinnosuke Kawai, Hiroshi Teramoto, Chun-Biu Li, Tamiki Komatsuzaki
Deterministic properties of a saddle with two reactive degrees-of-freedoms
12th RIES-Hokudai International Symposium (11.21-11.22 ,2011), Chateraise Gateaux Kingdom Sapporo (poster)

[10]Naoki Miyagawa, Hiroshi Teramoto, Chun Biu Li, Tamiki Komatsuzaki
Extracting many-body interaction laws from an observation
12th RIES-Hokudai International Symposium (11.21-11.22 ,2011), Chateraise Gateaux Kingdom Sapporo (poster)

2010

[9]Hiroshi Teramoto, Tamiki Komatsuzaki
Roles of water molecules for structural transitions of solute molecules
International Symposium on Joint Research Network for Advanced Material and Devices 'Chou'(3 ,2010), Tomakomai, Hokkaido (poster)

2009

[8]Hiroshi Teramoto
Folding patterns of stable/unstable manifolds in high dimensional dynamical systems
Sapporo Winter School(2.10-2.14 ,2009), Hokkaido University (poster)

2008

[7]Hiroshi Teramoto, Tamiki Komatsuzaki
A method to extract intermittent regular and chaotic behavior and their local properties from 1-dimensional time series
the 9th RIES-Hokudai International Symposium, Creative Research Initiative (1.27 ,2008), Sapporo (poster)

[6]Hiroshi Teramoto
Several properties of entanglement and intersection between stable and unstable manifold emanating from normally hyperbolic invariant manifold
Kyoto Dynamics Days 7 'Hamiltonian Systems and Related Topics'(6.26-6.28 ,2008), Kyoto (contributed talk)

[5]Hiroshi Teramoto, Tamiki Komatsuzaki
Toward Understanding of Dynamical Origin of Mode-Selectivity in Complex Systems
The 2nd International Symposium on Molecular Theory for Real Systems(8.4-8.6 ,2008), IMS, Okazaki (poster)

[4]Hiroshi Teramoto
Folding patterns of stable/unstable manifolds in multi-dimensional systems
Workshop on Interfacial dynamics on the boundaries of physics, chemistry, biology and mathematics(11.20 ,2008), Hokkaido (invited)

[3]Hiroshi Teramoto, Tamiki Komatsuzaki
Elucidation of mode-selectivity of biomolecule
Institute for Protein Research Seminar on New Approaches to Complexity of Protein Dynamics by Single Molecule Measurements: Experiments and Theories(12.7-12.9 ,2008), Osaka (poster)

2007

[2]Hiroshi Teramoto, Tamiki Komatsuzaki
Geometrical structure under bond selective chemistry
Telluride Workshop, The Complexity of Dynamics and Kinetics in Many Dimensions(8.13-8.24 ,2007), CO, USA, 13-24 (contributed talk)

[1]Hiroshi Teramoto, Tamiki Komatsuzaki
The relation between the stable manifold stretched from NHIM and remnant structures
Telluride Workshop, The Complexity of Dynamics and Kinetics in Many Dimensions(8.13-8.24 ,2007), CO, USA (contributed talk)

所属学会

  • 日本物理学会
  • 日本生物物理学会