Komatsuzaki Group, Hokkaido University

Topics

2020.09.18 Komatsuzaki Group, Hokkaido University
【10/14にオンライン開催致します】公開シンポジウム「次世代統合バイオイメージングと数理の協働の展望」
2020.02.07 Komatsuzaki Group, Hokkaido University
【延期になりました】公開シンポジウム「次世代統合バイオイメージングと数理の協働の展望」を開催します
2019.09.27 Komatsuzaki Group, Hokkaido University Komatsuzaki Group, Hokkaido University
“K. M. Helal, J. N. Taylor, H. Cahyadi, A. Okajima, K. Tabata, Y. Itoh, H. Tanaka, K. Fujita, Y. Harada, T. Komatsuzaki, Raman spectroscopic histology using machine learning for nonalcoholic fatty liver disease, FEBS Lett. 593(18) (2019) 2535-2544″がeditor’s choiceに選ばれました。FEBS Letters、Volume 593、Issue 18の表紙絵が同論文から採用されました。
2019.09.20 Komatsuzaki Group, Hokkaido University
ICReDDの小松崎教授の研究紹介ページ(英語ページ)でインタビュー動画が公開されました。
2019.07.30 Komatsuzaki Group, Hokkaido University
ICReDDの紹介ムービーが公開されました。
2019.03.28 Komatsuzaki Group, Hokkaido University
日立製作所のホームページで社会イノベーションのプロジェクト事例として日立北大ラボの取り組みが紹介されました。『社会課題解決を支援する新概念コンピュータ。北海道大学がめざす「社会を変える数学」で、実用化を加速する』
2018.10.08 Komatsuzaki Group, Hokkaido University
北海道大学WPIプログラム 化学反応創成研究拠点(WPI-ICReDD)が始動しました。
2018.10.01 Komatsuzaki Group, Hokkaido University
小松崎先生が研究代表者として展開している日立との共同研究が組み込まれた、北大ー京大ー日立の産学連携によるJST/CREST 時空間展開型アーキ テクチャ(研究代表者本村真人教授)が採択されました。
2018.07.19 Komatsuzaki Group, Hokkaido University
伊藤先生のPhysical Review Lettersの論文が北海道大学からプレスリリースされました。「情報の幾何学から熱力学的な不確定性原理を発見 ~生体内の“ゆらぐ化学反応”による情報伝達の普遍的な理解へ~ 」
2017.09.28
小松崎民樹教授がDSAA2017 – The 4th IEEE International Conference on Data Science and Advanced Analytics”Special Session on Advanced Informatic Measurement using Statistics, Machine Learning and Pattern Recognition (AimSMLPR) ” のProgram Committeeを担当しました。